上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一番いい方法を頼む。

ちょっと怖いね。
雰囲気は出てきたと思うけど。
namida9.jpg
髪の毛は結局、金属線の芯にエポパテを盛る手法で作ってます。
画像の前半分が大体できたところ、後ろが途中。
線が製作中に露出しそうで嫌だったんですが、
髪の流れや本数など検討できる、エポパテでかっちり作れる、簡単に折れない、
と言った理由からそうしました。
いっぺんに全部盛ってしまうのではなく、
まず頭頂部に土台を作り金属線を生やして検討、
そこから1~2cmくらいパテを盛って硬化後成形、
また1~2cmくらいパテを盛って硬化後成形、
の繰り返しです。
ちょっとずつ盛ればそれだけで狙い通りの流れになりやすいと思います。
金属線は100均で売ってた0.28mmステンレス線を使用。
0.3mmの真鍮線より安かったから。
エポパテは盛り足しづらいところもありますが
ちゃんと盛る面の表面を荒らす等すれば薄く盛ってもはがれにくくなります。
心配どおり線がところどころ露出してますがどうにかなるでしょう。

案外「フィギュア、髪の毛、作り方」で来る人が多いので
ちょっと説明っぽく。
途中写真もないからあんまり参考にはならないと思うけど。

気づいたら胸がぺったんこだったんで多少盛りましたが
あんまり変わらなかった。
今のままじゃちょっとかわいそうかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。